1. ホーム
  2. ルテインとドライアイ
  3. ≫ドライアイで目が充血した時に効くサプリメント

ドライアイで目が充血した時に効くサプリメント


ドライアイで目が充血したときに効くサプリは?

ドライアイだと、目の違和感や痛み以外にも、目が赤く充血してしまうことがよくあります。

充血は目の表面に細かく張り巡らされている毛細血管が、①外部からの刺激、②結膜炎などの病気、③眼精疲労などの理由で太くなってしまい血流が増えたために起こります。

①外部からの刺激としては、目にゴミが入った、コンタクトに違和感がある、長時間紫外線を浴びた、目を強くこすった、プールで泳いだなどの刺激が挙げられます。

②病気の場合はアレルギー性結膜炎、感染性結膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎などの病気で目に炎症がおきて充血します。

炎症が起きている場合はコンタクト着用の場合はメガネを使用して刺激を与えないようにして、抗生物質の入った目薬などで治療を行う必要があります。

眼精疲労の場合ですが、長時間のパソコン作業や寝不足で目を酷使すると、不足した酸素や栄養を補給しようと毛細血管が拡張するために起こります。

眼精疲労に効く栄養素としてはルテインゼアキサンチン、ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニン、それにクロセチンアスタキサンチンなどがあります。

これらの栄養素が入ったドライアイの疲れ目に効くサプリを比較してまとめてみました。ぜひご覧ください。

ドライアイの疲れ目に効くサプリ実力ランキングはこちら

 

充血のケア方法は?原因別まとめ

ドライアイ 充血

目が充血するといっても原因は様々で、それぞれに応じてケア方法も異なります。一つ一つまとめてみました。

1.目に異物が入った場合

目にゴミが入ったり、プールに入って塩素でやられたときは洗眼するか、目薬で洗い流して清潔を保つようにしてください。

2.コンタクトの調子が悪いとき

コンタクトレンズが汚れていたり、変形していたりして目に不快感や異物感がある場合は、まずはコンタクトレンズの装用を中止すること。

その上で眼科を受診しましょう。涙の成分に近い目薬を処方してもらえるのでそれで様子をみましょう。

3.外で長時間、紫外線を浴びたとき

夏の海やプール、冬のスキーの雪で日光がよく反射してまぶしいときは紫外線を大量に浴びている状態です。

長時間滞在する場合はサングラスや帽子を着用することをおすすめします。すでに充血している場合は炎症を抑える効果のある成分の入った目薬を使用すると治まります。

4.結膜炎の場合

アレルギー性結膜炎と感染性結膜炎では目薬の配合成分が違うので眼科を受診することをおすすめします。

アレルギー性結膜炎や花粉症にはかゆみを抑える成分、アレルギーを抑える成分が入った目薬を、感染性の場合は細菌の繁殖を抑える成分の入った目薬が効果があります。

5.疲れ目・眼精疲労の場合

スマホやパソコン作業などで長時間、目を酷使した場合はとりあえず目を休めて、しっかり睡眠と食事をとり休養しましょう。

簡単なエクササイズとしては、遠くと近くを見るを繰り返す遠近法や、意識的に瞬きの回数を多くすることなどが有効です。

温かくした蒸しタオルを目に乗せて目の周りの血行を良くすると涙も出やすくなり、目の潤いが戻る効果があります。

目薬を使う場合は、充血を取り除く成分や膨張した血管を収縮させる成分の入った目薬がよいでしょう。防腐剤の入っていない人工涙液の目薬がおすすめです。

サプリメントを飲む場合は上記で紹介したような疲れ目に効く栄養素がたっぷり入った商品を選びましょう。

ドライアイの疲れ目に効くサプリ実力ランキングはこちら

 

6.内出血を起こしている場合

充血どころか、白目の部分が広範囲に真っ赤になっている場合は内出血を起こしています(結膜下出血)。

1~2週間、安静にしていれば症状は治まりますが、赤みが引かないようなら直ちに眼科医に行くことをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?ドライアイで目が充血しているときは疲れ目が原因なので、疲れ目に効くサプリメントを紹介しました。

また目の充血にも原因がいろいろあるので、原因に応じて対策をとることが必要です。

目が充血していると周りの目も気になってしまうので、上記のことを参考に、早く目の充血が治まるといいですね。

 

 

 

 

シェアをお願いします。