1. ホーム
  2. ルテインと白内障
  3. ≫ルテインと白内障

ルテインと白内障


知ってるようで知らない白内障とは?

外人 老人

白内障ってどんな病気?

白内障ってどんな病気かご存知ですか?「名前はよく聞くけど…」とか「お年寄りの病気かな」って認識の人が多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

白内障はほとんどが加齢性、老化現象の一種で起こる症状です。割合で言うと60歳代の7割、90歳代になるとほぼ100%の人に老人性白内障の症状が認められます。

人の眼はカメラのようなもので、その中でカメラのレンズにあたるのが水晶体です。その無色透明だった水晶体がにごってきたものが白内障です。光が入りにくくなり乱反射するため視力障害を起こします。

たとえば、汚れたレンズで写真を撮るとかすんだ写真ができますよね。つまりそんな状態がずっと続くのが白内障という病気です。

白内障の見え方
出典:http://www.eyelifemegane.jp/

白内障の主な症状

ものが2重、3重に見える
最近見えづらさを感じる
まぶしく感じるようになった
細かい文字が読みにくい
ものがかすんで見える

また白内障になりやすい方の特徴としては、40歳以上、近視の方、紫外線を良く浴びている方、アトピー性皮膚炎の方(ステロイド剤使用の方)、糖尿病の方などが挙げられます。

 

老人性白内障について

老人性白内障の主な原因は加齢です。初期症状はかすみ目、物が二重三重に見えたり、まぶしくなります。

もっと白濁が強くなると、視力低下が主症状になります。黄褐色の着色が強いと、暗い所でとくに見えにくくなったり、一時的に近くが見やすくなったりします。

現代人は眼を酷使しているのでこの初期症状にはなかなか気が付かないかもしれませんね。

さらに瞳の中央が外から白く見えるほどになるまで放置すると、白内障が溶け出してきて炎症や緑内障を起こして痛くなることがあります。

この白内障を根本的に治す方法は手術しかありません。逆にいえば、白内障は幸いなことに手術で治せます。

ちょっとでもおかしいと感じたら病院に行くことをお勧めします。

 

若年性白内障について

若い人は「自分は白内障にならない」と思っているかもしれませんが、最近では20代から30代、早い人なら10代でも若年性白内障発症(併発性白内障)の症状が確認されています。

若年性白内障の場合、進行が早く、白内障を自覚してから急激に水晶体が濁ります。

若年性白内障の原因としては紫外線や運動不足、タバコ、生活習慣などにより活性酸素が大量に発生するからではと考えられています。

またアトピー性皮膚炎、網膜剥離、ぶどう膜炎、目のケガなどによっても引き起こされる可能性があります。治療は手術か目薬を使った点眼療法に分かれるようです。

 

白内障の治療法とは?

白内障の治療法は初期は点眼薬や内服薬により進行を遅らせることはできますが、症状を改善することはできません。

日常生活に不自由を感じるようであれば早めに手術が必要になります。地域にある眼科で保険診療で10万円程度で手術ができます。

白内障の手術とは水晶体の核を超音波で砕き、白く濁った核と皮質を乳化させて吸引します。水晶体を包む外側の袋の水晶体嚢に折りたたんだ眼内レンズを挿入し、広げて固定します。

白内障 眼内レンズの挿入
出典:http://www.eyelifemegane.jp/

切開幅は3mm以下の超音波手術で、15分から20分で終わり、手術中も術後も痛みはほとんどありません。

人工レンズにはピントを合わせる機能がありません。一定の距離に焦点を合わせた単焦点レンズと、老眼用に近くも遠くも見える多焦点レンズ、他にも乱視矯正ができるレンズがあります。

(1)単焦点レンズ

・近くもしくは遠くにピントを合わせる。
・合わせた場所以外が見えずらいときはメガネもしくは老眼鏡で調整する。

(2)多焦点レンズ

・レンズがうずまき状に近く、遠くのピントが入っている。
・単焦点レンズより高価。
・メガネ、老眼鏡を使う頻度が単焦点に比べ少ない。
・慣れるまで練習が必要。

現在、主なものはこの2つだが新たなレンズが開発中とのことです。
また手術も手作業でなくレーザーを使ってのところもあります。

なんにせよ、信頼できるドクターの元で手術することをオススメしたいですね。

 

白内障はに効果絶大のルテイン

マリーゴールド

白内障の原因は加齢に伴い水晶体内のタンパク質が変質し白濁するとか、紫外線が原因だという説もあります。

どれも活性酸素により水晶体内の組織が酸化することで白内障になります。そのため、水晶体の酸化を抑える抗酸化作用のある食品を多く摂るのが有効です。

ただし抗酸化作用のある食品は多くありますが、白内障に効果が認められるのはカロテノイドの一種、ルテインだけです。

 

ルテインの白内障への効果を実証した実験

比較

ルテインの白内障への効果については1992年にアメリカのハーバード大学で実験が行われました。

約500人の看護婦を2つのグループに分け、1つのグループにはほうれん草を週に5皿、もう1つのグループにはニンジン、冬かぼちゃ、さつまいもを週に5皿、それぞれ食べてもらい、8年間も経過を観察して白内障の発生率を調べました。

その結果、ほうれん草を食べたグループは白内障の発生率が同年代の平均に比べて約5割も低くなりました。もう1つのグループは平均と大差ない結果になりました。

どちらのグループが食べたものも同じ緑黄色野菜で、抗酸化力の強いカロチノイドですが、白内障に効果のあったのはルテインを多く含むほうれん草の方でした

ルテインは水晶体や網膜に多く含まれており、活性酸素による酸化を防いでくれていますが、年をとったり偏食などにより体内にある量が減ってしまいます(ルテインは体内では作られないので外から補う必要があります)。

ルテインはほうれん草以外にもブロッコリーや芽キャベツなど食品から摂ることもできますが、マリーゴールドの花びらから抽出・精製したルテインのサプリメントが市販されているので、そちらをうまく利用しましょう。

白内障はある程度進行すると手術するしかなくなりますが、ルテインを摂取することで活性酸素を除去して水晶体を守ることが予防につながります。

白内障の方でルテインを摂取して視力が改善した例は多数報告されています

 

2016年のトレンドは含有量より吸収率!?

トレンド

ルテインが有効なら出来るだけルテインの含有量が多いサプリがいいのか?というと、そうとは限りません。細かい話になりますが、体内に入ってからの吸収率という問題があります。

ルテインが腸から吸収されて実際に目に届く割合は低いと言われています。どんなに良い成分でも吸収されなければ意味がありません。

ルテインのサプリメントを選ぶなら含有量だけに注目するのではなく、吸収率を高める工夫をしているかどうかも注目しましょう。

ルテインはゼアキサンチンと5:1の割合で摂取するとより効果が高まることが分かっています。また目の血行を促進する働きのあるアントシアニンと同時に摂取することでより多くの栄養分を目に届けることができます。

そのため、ルテインサプリを選ぶなら、ルテインの含有量だけでなく、ゼアキサンチン、ビルベリーが一緒に配合されているか?配合量はどうか?もチェックしましょう

 

ちなみにルテインには体内と同じ状態のフリー体(遊離)ルテインと、脂肪酸とくっついた状態のルテインエステル(エステル体)の2つあります。

今まではルテインエステルは未精製のため、フリー体ルテインの方が吸収されやすいというのが定説でした。

しかし、オリザ油化株式会社のマウス実験、およびヒトの臨床実験によるとルテインエステルで摂取する方が腸からの吸収率が高く、、血中のルテインの濃度も濃くなることが分かっています。

国内に2つのルテインの吸収性を比較した実験例が少ないため、はっきりとは言えませんが、一概にフリー体ルテインの方が吸収がよいとは言えなさそうです。

 

これまで当サイトではルテインの含有量が40mgと一番多いドクターズチョイスのルテイン40㎎を一押ししてきました。

しかし上記のような理由により、ゼアキサンチンやビルベリーなど他の成分との組み合わせ、吸収効率で考えると、さくらの森「めなり」の方に軍配が上がると考えています。

めなり

 

ドクターズチョイス ルテイン40㎎とめなりの比較
 ドクターズチョイス  めなり
 ルテイン  40㎎  12㎎
 ゼアキサンチン  2㎎  2.4㎎
 ビルベリーエキス  50㎎  170㎎

めなりには他にもカシスエキスのアントシアニンも配合されているため、アントシアニンによる相乗効果は群を抜いています。

さらに目のピント調整機能を改善するアスタキサンチンクロセチンも配合されているのに、コスパもよく、飲み続けられる価格なのもおすすめの理由です。

他にも15日間の全額返金保証制度があるなど、ここでは説明しきれないポイントがたくさんあるので、ぜひご自身の目で確認してみてください♪

>>「めなり」を初回限定の77%OFFで購入するならコチラ

 

白内障の治療に使われる目薬を紹介

白内障は老化現象なので若返りの薬がないのと同様に、白内障を治す目薬というのは存在しません。

一度濁ってしまった水晶体を透明に戻すような目薬はありませんが、白内障の進行を抑えてくれる目薬はあります。

軽度あるいは初期の白内障であればカタリンK、ジクロード、カリーユニなどの点眼液が治療に用いられます。

カタリンK点眼用0.005%(千寿製薬)

カタリンK点眼用0.005%

水晶体の水溶性たんぱくがキノイド物質によって変性し不溶性化するのを阻害することにより水晶体の透明性を維持し、白内障の進行を抑制します。通常、初期老人性白内障の進行抑制に用いられます。

一般名はピレノキシンで、同じ成分の薬としてはカリーユニ点眼液(ジェネリック医薬品)があります。

長期間使用しても副作用はありませんが、まぶたの腫れ、充血、かゆみが起こる場合があります。

ジクロード点眼液0.1%(わかもと製薬)

ジクロード点眼液0.1%

プロスタグランジンという炎症物質の生成抑制作用などにより炎症を抑えます。通常、白内障手術時における、手術後の炎症、手術中・手術後の合併症などを防止するために用いられます。

副作用の心配はありませんが、目がゴロゴロする、目の痛み、涙目、異物感を感じた場合は担当の医師に相談しましょう。

 

新黄珠目薬(タキザワ漢方)

新黄珠目薬

医師が処方する目薬ではなく生薬を使った漢方薬ですが、白内障の手術をした人や治療中の方に人気なのが新黄珠目薬です。上記の2つは医師の処方が必要ですが、こちらはドラッグストアで購入できます。

「ベルベリンとグリチルリン酸の二つの生薬成分や、角膜保護成分のコンドロイチン硫酸などが含まれ、目の疲れ、かすみ目、充血、かゆみ、コンタクトレンズ装着時の不快感などを緩和します」(タキザワ漢方HPより引用)。

もちろん漢方なので白内障が完治するわけではありませんが、病気の進行を遅らせる程度でも、実際に視界がクリアになったとか眩しさが軽くなったという口コミが多い目薬です。

 

白内障の特効薬!?アメリカ特許取得の目薬CAN-Cとは?

今までの白内障の目薬というと「進行を遅らせる」程度でした。白内障を治す効果が期待できるかというと正直、微妙でした。

しかしロシアのマーク・バビザエフ博士が10年以上も研究したNアセテルカルノシン配合の目薬は白内障を画期的に改善することで、2010年にアメリカで特許を取得し、全米でもNO.1の評価を受けています。

Nアセテルカルノシンを点眼することでカルノシンという成分に変わり、眼球の水溶液に直接入り込むと強力な抗酸化作用を発揮するので、臨場実験においても9割以上の患者が視力改善したという結果が出ています。

10年間、きちんと臨床試験をして副作用がなく、しかもアメリカが認可した薬なのでしっかりと効果効能を確認しているから安心ですね。

ちなみに試験による統計では以下の結果が出ています。
・89.8%に目の不快感やまぶしさの改善が見られた
・90%に視力の改善が見られた
・41.5%に水晶体の透過性の改善が見られた

なお、Nアセチルカルノシン点眼薬には2種類あり、「CAN-C(キャンC)」と「クララスティル」です。

どちらも有効成分はNアセチルカルノシン1.0%であり、中身は同じ成分です。クララスティルはフランスなどヨーロッパ向けで、キャンCはイギリス、アメリカ向けに販売されています。

ちなみにこの2つの目薬はロシアの臨場実験で、ヒトだけでなく犬の白内障にも有効であるという結果が出ています。

老人性白内障の場合、発症から早いほど効き目が高いそうです。CAN-Cは使い始めて1ヶ月以内には実感ができるそうですが、継続して使い続けるのが大切なようです。

なお、ルテインと併用すると効果が半減してしまうようなので注意してください。

手に入れたい方は下記のサイトからどうぞ♪

>>CAN-C(キャンC)の通販サイトはこちら

 

白内障の体験談

白内障の治療方法について

老眼と思ったら白内障でした

老人性白内障の手術をした父

手術をためらう母

糖尿病の妻の白内障状態

40歳前にして白内障

白内障は日帰り手術だから病気じゃない!?

まさか40歳過ぎで白内障になるとは