1. ホーム
  2. 人気ブルーベリーサプリ
  3. ≫やわたのブルーベリーサプリ「北の国から届いたブルーベリー」

やわたのブルーベリーサプリ「北の国から届いたブルーベリー」


北の国から届いたブルーベリー

健康食品会社で有名なやわたのブルーベリーサプリ「北の国から届いたブルーベリー」といえば、俳優の船越英一郎さんがテレビCMに出演しているからご存知の方も多いと思います。

1粒にブルーベリーがたっぷり詰まったサプリメントで、目の疲れた方にとても効果があります。

今回は北の国から届いたブルーベリーの成分や効果、価格について詳しく紹介します。

 

やわたの「北の国から届いたブルーベリー」とは?

北の国から届いたブルーベリー

ブルーベリーサプリは高いものから安いものまでいろいろと販売されています。その際に比較のポイントとなるのがブルーベリーの含有量です

ブルーベリーにはアントシアニンという成分があり、これが目の疲れを軽減する効果があります。このアントシアニンをどれくらい含有しているかで比較するとよいでしょう。

いろいろな健康サプリを販売している健康食品大手のやわただけに、お手頃な値段でブルーベリーをはじめ、目をサポートする栄養成分が詰まっています。

北の国から届いたブルーベリーの特徴はブルーベリーの3倍もアントシアニンが含まれるビルベリーエキスが1粒につき約60個分も入っていることです。

これはブルーベリーに換算すると約180個分に相当します。ビルベリーエキスが200㎎も入っているので、かなり目に効果があるのではないでしょうか。

 

ブルーベリーとビルベリーの違いとは?

ブルーベリーとビルベリーの違い

やわたの「北の国から届いたブルーベリー」ではブルーベリーではなくビルベリーエキスが配合されています。このビルベリーとブルーベリーはどう違うのか?

実はアントシアニンの含有量が違います。ブルーベリーよりもビルベリーの方が多いです。一般的には市販のブルーベリーに比べてビルベリーは3倍あると言われています。

北の国から届いたブルーベリーの公式サイトにも、船越英一郎さんがブルーベリーとビルベリーを手で潰した状態を比較した写真が掲載されています。

ブルーベリーに比べてビルベリーを握りつぶした方の手は赤紫色にべったりと色がついています。アントシアニンは青紫色の色素ですから、それだけ含有量が多いということです。

 

7種類のサポート成分について

やわたの北の国から届いたブルーベリーに配合されている7種類のサポート成分について、改めて詳しく解説します。

7種類とは、βカロテン、EPA、DH0A、コエンザイムQ10、メグスリノキエキス、ルテイン、カシスエキスです。

以下はそれぞれの含有量と、1日あたり推奨される摂取量の目安を比較したものです。

成分の含有量と1日あたりの摂取量の目安の比較表
成分名含有量推奨摂取量の目安
βカロテン1,850μg成人男性4,000μg、成人女性3,600μg
EPA4.1㎎EPAとDHAを合わせて1日1g以上
DHA4.1㎎EPAとDHAを合わせて1日1g以上
コエンザイムQ1022μg50㎎
メグスリノキエキス1㎎過剰摂取の副作用なし
ルテイン0.53㎎6~10㎎
カシスエキス5㎎250㎎

 

βカロテン

βカロテン

βカロテンとは緑黄色野菜の赤橙色の色素で、小腸で吸収されて必要に応じてビタミンAに変化します。人参100gあたり9,000μg、かぼちゃは4,000μg含まれています。

βカロテンの効果は、アンチエイジング効果、白内障・黄斑変性症の予防、夜盲症の改善、ガン発症リスクの低減、口内炎・歯周病の予防、美肌効果などが確認されています。

βカロテンの1日の摂取量は定められていませんが、ビタミンAの摂取量から計算して成人男性で4,000μg、成人女性で3,600μg程度が摂取推奨量と考えられています。

 

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは肉や魚に含まれる強力な抗酸化作用のある物質です。体内でも合成できますが、20歳を超えると減少するのでサプリでの補給が望ましいです。

コエンザイムQ10の効果はしわ・しみ・くすみを防ぎ、肌のハリ・弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸を精製する手助けをしてくれます。また代謝をアップして脂肪燃焼したり、活性酸素を除去してガンや動脈硬化を防ぎます

コエンザイムQ10の1日の摂取量は健康維持のためなら50㎎、美肌や体質改善のためなら100㎎、病気の治療、体調不良の場合は300㎎の摂取が必要と考えられています。

 

EPA・DHA

DHA EPA

EPAとDHAはともにオメガ3系高度不飽和脂肪酸という栄養素です。魚に多く含まれており、DHAはマグロ、カツオ、サンマ、サバに、EPAはイワシに多く含まれています。

EPA、DHAともに心血管疾患リスクの低減、血中の中性脂肪の低減、関節リウマチ症状緩和の効果があります。

DHAは脳や神経組織の発育、機能維持の効果があり、EPAは血液をサラサラにする、抗血栓作用の効果があります。

EPA・DHAの1日の摂取量ですが、厚労省はEPAとDHAを合わせて1日1g以上の摂取を推奨しています。

 

メグスリノキエキス

メグスリノキ

メグスリノキエキスとはメグスリノキエキスの樹皮や葉から抽出されたエキスのことで、古来より眼病予防に効果のある民間薬として親しまれています。

メグスリノキエキスの効果ですが、タンニン成分のゲライニンが細菌の増殖を抑える抗菌作用や傷を治す収れん作用を持つことから、花粉症によるアレルギー性結膜炎、ものもらい、目やにかすみ目に効果があります。

また肝機能を強化するのでB型肝炎にも効果的です。他にも動脈硬化を予防、血糖値を下げる効果もあります。

メグスリノキエキスの1日の摂取量の目安については特に決まったものはありません。副作用はなくお茶として飲まれることが多いようです。

 

ルテイン

ルテイン

ルテインとは緑黄色野菜などに多く含まれる黄色い色素で天然のサングラスと呼ばれるほど強力な抗酸化作用を持っています。人間の目の水晶体や黄斑部にも存在しています。

ルテインの効果としては黄斑変性症の予防効果、白内障の予防改善効果、コントラスト感度の改善効果、ぶどう膜炎の眼病予防効果、美肌効果などが挙げられます。

ルテインの1日の摂取量の目安ですが、目の健康のためには1日あたり6㎎以上摂ることが望ましいですが、病気の予防のためなら10㎎以上は摂取した方がよいです。

関連記事

ルテインとブルーベリーの違いとは?

 

カシスエキス

カシスエキス

カシスエキスのカシスとはブルーベリーと同じくベリー類の果実でアントシアニンなどが豊富に含まれています。

カシスエキスにはカシス特有のアントシアニンが含まれており、目のピント調節機能を維持する効果、疲れ目の軽減、緑内障の進行を抑制する効果、目の下のクマを解消する効果などがあります。

カシスエキスの1日の摂取量の目安ですが、カシスエキス250㎎(アントシアニン50㎎相当)を2年間摂取したところ、緑内障予防効果が確認されています。病気予防のためなら250㎎が望ましいでしょう。

関連記事

本音で選んだカシス人気サプリランキング!

 

品質管理は国際基準!

国際基準

通常、一般的な健康サプリはラムネを作っているようなお菓子工場の余っているラインで作っていることが多いです。

しかし、やわたの場合、原料の受け入れから最終的な出荷に至るまでの全行程で国際規格であるISO、FSSC、GMPなど食品の安全に関する認証を取得しています。

サプリメントは口に入れるものだからなるべく安心安全な工場で作っていてほしいですよね。その点、やわたのサプリメントは信頼できそうです。

 

意外にリーズナブルなお値段!

北の国から届いたブルーベリーは通常購入だと2,160円(税込)+送料216円。

定期購入のらくらく定期便だと5%割引で2,052円(税込)+送料216円になります。

さらに3ヶ月毎3袋の定期購入の場合、10%割引で5,848円(1ヶ月あたり1,950円)で送料無料になります。

これは同業他社のブルーベリーサプリと比べてもリーズナブルなお値段です。

しかも、自信があるから3ヶ月間の全額返金保証付きです。効果を実感するには3ヶ月くらいかかるから、もし実感できなかったらお金を返すということです。

初めて飲むサプリメントはどうしても体に合う合わないとか、効果を実感できるかが不安になりますが、こうした返金保証があると安心できますね。

 

まとめ

いかがでしたか?やわたの「北の国から届いたブルーベリー」について、その配合成分である、ビルベリーエキス、そして7種のサポート成分について紹介してきました。

1ヶ月で2,000円前後なら1日あたりに換算すると約66円です。リーズナブルなお値段で効果が見込めるなら十分お得だと思いませんか?

PC作業やスマホで目が疲れた方、細かい字が読みづらい方、運転出目が疲れている方などに毎日の習慣としてブルーベリーサプリを摂取するのはいかがでしょうか?

 

関連記事

実力NO.1ブルーベリーサプリは「ルックルック」で決まり!

 

人気記事ベスト10

Sorry. No data so far.