1. ホーム
  2. ルテインと緑内障
  3. ≫ルテインと緑内障

ルテインと緑内障


緑内障とは?

bousui緑内障とは、眼から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。

昔は緑内障のことを「あおそこひ」と言い、失明につながる病気として恐れられてきましたが、現代では40歳以上の約5%に緑内障が認められる病気です。

目の中には血液の代わりに働く房水(ぼうすい)が流れており、房水の量を調節することで眼球内の眼圧を保ち、球形を維持しています。

この眼圧の正常値を超えて高眼圧になると視神経が潰された状態になり、
視神経が萎縮して異常が起こり、視力が低下したり視野に障害を起こします。

日本での失明原因第1位の病気です。患者数も多く、40歳以上では20人に1人の割合で患者さんがいるという報告もあります(日本緑内障学会緑内障疫学調査)。

また、同調査では病気に気づかずにいた人が8割を占めていたことも分かり、今後ますます患者数が増えることが予想されています。

緑内障の症状とは?

眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

続発緑内障とは外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

緑内障の場合、急激に症状が現れる急性緑内障と、ほとんど自覚のないまま進行する慢性緑内障があります。慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。

多くの方は慢性緑内障ですが、慢性緑内障のうち7割は正常眼圧緑内障といい、
眼圧は正常なのに緑内障です。

痛みや充血、視野の変化などの症状は病気の最終段階にならないと
現れないのでほとんどの方が治療の開始が遅れてしまいます。

典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。

緑内障の症状としては他にも、昼に視界が暗い、頭痛がする、目の奥が痛い、黒目の周囲の充血、虹がかかったように見える、両目で見え方が違う、吐き気がする、などがあります。

もしかして緑内障?こんな初期症状に気をつけろ!

もしこんな症状があったら緑内障を疑った方がいいかもしれません。当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

1)頭痛や肩こりを伴うひどい眼精疲労がある

2)ものを見ると、まわりに虹のような光の輪が見える

3)まぶたの上から眼球を押すと弾力がなく硬く感じる

4)なんだか視野が狭くなったり欠けていると感じる

いつも眼精疲労だという方は多いですが、あまりにも頭痛や肩こりがひどいようなら注意が必要ですね。

また2、4のケースは両目で見ていると、仮に欠けていてももうひとつの目が補ってしまうので、片目でものをみるようにしてみましょう。

 

緑内障と診断されるきっかけは?

なかなか自分では気づきにくいので、多くの人は間に合わず失明してしまうこともあるのが緑内障です。では緑内障と診断された人はどんなことがきっかけだったのでしょうか?

1)人間ドック、会社の健康診断、地域の健康診断など

2)健康番組を見て不安を感じて病院へ

3)たまたま他の目の病気で眼科を受診して指摘された

4)家族に緑内障の人がいる

1は人間ドックで「眼圧が高い」とか「視神経乳頭陥凹拡大」などで「要精査」と記載されたことで緑内障が判明するケースがあります。

また3のケースのように花粉症やコンタクトレンズ、結膜炎などで眼科を受診したことが病気が見つかるきっかけになっています。

 

緑内障になりやすい方の特徴

・40歳以上
・強度近視
・緑黄色野菜を食べない方
・ストレスが多い方
・ステロイド剤使用の方

 うつぶせ寝は緑内障になる!?

これは「中居のミになる図書館」でも取り上げられたのですが、ある女優さんが昔からうつぶせ寝をするクセがあったのですが、眼科医によると、「うつぶせ寝は緑内障になる大変危険な要素」だそうです。

なぜかというと、うつぶせで寝ると下を向くので眼圧が上がってしまいます。また寝ているためにその状態がキープされ、目の奥の神経を圧迫して視神経を傷つけて障害を起こしてしまう可能性があるとか。

もしうつぶせ寝のクセがあるなら、抱きまくらなどを使って横向きに寝るようにすると目を圧迫しないのでおすすめです。

緑内障の治療とは?

緑内障の治療方法は大きく分けると

(1)点眼薬、(2)内服薬、(3)レーザー治療、(4)手術の4つになります。

(1)点眼薬はいくつかの種類があり、手軽に使えて副作用も少ないメリットがあります。

まつ毛育毛剤としても使用されるルミガンには緑内障への効果が認められます。
ルミガンはこちら

(2)内服薬は副作用として手足の指先がしびれたり、ビールがまずくなるなど味覚の変化、下痢などがあります

点眼薬、内服薬とも長期間使用する必要があるため、結果的には費用がかかり、手術する方が経済的なことも。

(3)レーザー治療は特殊なコンタクトレンズを付け、黄斑部を避けてレーザーを照射します。入院の必要がなく、何度でもできますが、眼圧を下げる効果は不確かなものがあります。

(4)手術は房水の産出量を抑えたり、流れよく排出させたりして眼圧を下げます。ただし、4人に1人は眼内液の放出をさまたげる傷ができてしまい、狙った効果をあげられない場合も。

緑内障の対策とは?

緑内障は失明の危険性があり、一度視野を喪失したら回復は困難と言われています。そこで、眼圧を上げないために日常でできる予防策について紹介します。

ポイントは「血流を改善すること」です。

食事・運動・睡眠に気を配る

月並みな内容ですが、目が疲れたら休息する。そしてよく眠ること。

また眼圧が高い人ほど肥満の傾向があるので、生活習慣病にならないように、普段の食生活に気を配り、運動を心がける。

具体的には食べ過ぎないようにし、玄米菜食といった少食、腹八分を心がける。刺激の強い食品やアルコール、タバコは大量摂取すると眼圧の上昇を招きます。

運動でいいのはウォーキングです。歩いたり運動すると視神経乳頭の血流がよくなり、眼圧が下がることが分かっています。

歩くことで心臓から頭部へ送られる血液の量が10倍になり、目への血流も増加します。血液の循環が良ければ目の視神経は正常に保たれます。毎日1万3000歩以上が理想です。

また代謝がよくなり、腸内環境にもよく、緑内障の進行を食い止めます。歩くことは誰でも簡単にできる方法なのでぜひやってみてください。

 

ルテインで緑内障は改善する?

緑内障になり、障害にさらされた視神経は残念ながら回復はしませんが、早期に発見できれば症状の進行を止めたり遅らせることは可能です。

緑内障の原因である房水の異常がどうして起こるのか理由は未だ不明ですが、目の中の代謝の異常、つまり活性酸素による組織の酸化ではないかと言われています。

ルテインが緑内障に対してどのような効果があるのかは未だ研究段階にあり、詳しくは分かっていません。

しかしルテインを摂取することで緑内障の症状、特に眼圧が下がった、視野欠損が改善した、という例が続々と報告されています。そのため、緑内障の治療の一環としてルテインのサプリの服用をすすめる医師もいるようです。

以下は緑内障の患者がルテインを飲んだ報告例です。

緑内障が進行し、視野の欠損がひどくなり、右目は光も感じないほどになった60代の女性は、ルテインを飲み始めて2週間ほどで、少しずつ明るさを感じるようになりました。そして、2ヵ月後には欠損も改善して、ものがかすかにですが、見えるようになった、といいます。

また、50代の女性は、緑内障で眼圧が高く、1年半ほど前から通院していました。ルテインを飲み始めてから、約1ヶ月で、両目とも正常眼圧に回復し、症状も改善したのです。

60代の女性は、目が重だるく、病院で正常眼圧緑内障 と診断されました。3年間、通院しましたが、症状に改善は見られなかったところ、ルテインを飲んで2ヵ月後には眼圧が17mmHgから13mmHgに下がり、目の重だるさもなくなったそうです。
(引用:ルテインクラブ資料館

以上のことから、ルテインには緑内障の原因である房水と排出の異常を改善して眼圧を下げる働きがあることが分かります。

ルテインは優れた抗酸化作用があるので活性酸素のダメージを受けた目の網膜や視神経の新陳代謝を活発にして組織の若返らせています。緑内障の予防と改善にはルテインを積極的に摂った方がよいでしょう。

ルテインのサプリといえば最近はDHCやファンケル、小林製薬、ネイチャーメイドなど、薬局でよく見かける大手会社から数多く販売されています。

老眼患者向けにピント調節機能を助ける「えんきん」もルテインが配合されており、テレビ宣伝の効果もあってか人気です。

でもルテインは40代以降はどんどん減少してしまう上に、ルテインだけを摂っても体内でなかなか吸収されず目に届かないことが分かっています。

ルテインを効率よく摂取するにはルテインと必ずセットで存在するゼアキサンチン、そして目までルテインを送り届ける役割のアントシアニン(ビルベリー)を同時に摂取することがとても大切です。

先ほど挙げた大手会社のルテインサプリはどうかというと、ゼアキサンチン、ビルベリーを一緒に配合しているものはありませんでした。

メーカー商品名ルテイン
ゼアキサンチンビルベリー
さくらの森めなり12mg2.4mg170mg
ドクターズチョイスルテイン40㎎40mg2mg50mg
DHCルテイン30日分16mg××
ファンケルえんきん10mg××
わかさ生活ルテインα10mg配合量不明×
小林製薬ルテイン10mg2㎎×
ネイチャーズヘルスルテインスーパーEX20mg1.5mg×
ネイチャーメイドルテイン9.6mg××
ディアナチュラルテイン12mg××

調べたところ、これらを同時に配合しているサプリはとても少なく、中でも私が良いと思ったのは以下の2つ。

めなり(さくらの森)

実際にめなりを購入して詳細にレビューしてみました。よかったら参考にしてください。
>>めなりの詳細レビューはこちら

めなりを公式サイトで購入するならこちらからどうぞ!
>>めなりの公式サイトはこちら

ドクターズチョイス ルテイン40㎎

実際にドクターズチョイス ルテイン40㎎を購入して詳細にレビューしてみました。よかったら参考にしてください。
>>ドクターズチョイスの詳細レビューはこちら

ドクターズチョイスを公式サイトで購入するならこちら
>>ドクターズチョイスの公式サイトはこちら

「めなり」はルテイン含有量こそ12㎎ですが、もっとも効率よく吸収できる黄金比率でゼアキサンチンを配合していると同時にビルベリーもたっぷり配合しています。

さらに抗酸化作用が高く、眼精疲労に効果的なアスタキサンチン、クロセチン、カシスエキスまで配合しています。

「ドクターズチョイス ルテイン40㎎」はルテインの含有量が多いのですが、外国製のサプリだけあって粒がデカいです。私も飲んでいましたが、飲み込むには毎度苦労しました。

ということで、コスパ・飲みやすさ・配合成分など総合的に判断して「めなり」を私はオススメしています。

特に「めなり」はどの栄養成分も業界トップクラスの量を配合しているにもかかわらず、お値段は1日33円弱で続けやすいお値段です。

これだけ目に良い成分を網羅してこの値段ならはっきり言って非常にお買い得だと思います。

ルテインサプリ「めなり」の詳細はこちら

 

アスタキサンチンで緑内障を予防

アスタキサンチン

アスタキサンチンとはビタミンAのカロテノイドの一種で鮭やイクラ、カニなどに含まれる赤い天然色素で、強い抗酸化力を持ちます。

アスタキサンチンは抗酸化力が非常に強いことで知られ、その抗酸化力はビタミンEの1000倍のパワーになると言われています。

眼精疲労の改善はもちろん、黄斑変性症にも有効で、緑内障の予防にも役立つと考えられています。

アスタキサンチンには、美白、美肌、筋肉の疲労や動脈硬化の改善、血糖値の低減などの効果もあり、生活習慣病を予防する効果も期待されています。

そのアスタキサンチンがたっぷり入っているのが先ほど紹介した「めなり」です。めなりの詳細は以下のリンクからご覧ください。

ルテインサプリ「めなり」の詳細はこちら

 

クコの実(ゼアキサンチン)で緑内障を予防

クコの実

スーパーでも中華食材売り場に置いてあるクコの実。実はこのクコの実が疲れ目やかすみ目に良いと注目されています。

クコの実は中国では昔から不老長寿の効果があるとされ薬効として使われていました。今でも老化防止に良いとされ漢方などでも使われています。

クコの実にはゼアキサンチンが含まれていて強い抗酸化力があり、血流を促進し、疲れた目の周りの細かい血管にも作用して視力回復を促します。

そして眼精疲労だけでなく、緑内障、白内障にも効果があると言われています。

でもクコの実って少量のわりにお値段は高めです。なので毎日少しずつ食べるのがおすすめ。スープや味噌汁に入れて成分を溶けこませれば薬膳のような効果があります。

他にもヨーグルトにトッピングしたり、杏仁豆腐に入れるのもおすすめ。でもそれが面倒くさいという方にはゼアキサンチン入りのサプリがあるので、そちらがおすすめ。

 

カシス(アントシアニン)に緑内障の抑制効果が?

カシスエキス

眼精疲労に効果があることで人気のカシスですが、目の血流を増加させ、眼圧上昇や視野低下も抑制する効果が臨床実験で実証されました。

眼科医で札幌医科大学・眼科学講座教授の大黒浩氏によよると「緑内障の治療にカシスを起用したところ、カシスに含まれるアントシアニンに緑内障の抑制効果がある」そうです。

またカシスポリフェノールには末梢の血流を改善する効果が確認されており、顔面の血流も増加させることから目のクマの改善にも効果があります。

またカシスアントシアニン(カシスに含まれるアントシニアン)には、「ピントフリーズ現象」を改善する作用があります。

眼精疲労の改善に効果があり、これは現在目に良いとされているブルーベリーのアントシアニンにはない、注目すべき効用です。

カシスのサプリメントはいくつか市販されていますが、私自身が飲みたいと思ったから徹底的に比較してみました。本音で選んだので絶対参考になると思いますよ♪

本音で選んだカシスのサプリメントのランキングはこちら

 

緑内障に効く漢方薬は?

四物湯

漢方薬でも緑内障に効果のあるものはあります。たとえば「活血薬」といわれるものが血流を促進する作用があります。

代表的なものでは「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」や「釣藤散(チョウトウサン)」がそうです。

また水分の代謝を促進して眼圧を下げる漢方薬には、「五淋散」、「竜胆瀉甘湯(リュウタンシャカントウ)」、「猪苓湯(チョレイトウ)」などがあります。

眼圧が高い緑内障には全身の水分代謝(利用と排せつ)を調整する「五苓散」と「猪苓散」の二つの漢方薬を併用すると眼球の炎症を取り、尿の出をよくすることで目にこもった熱を下げ、眼圧を下げていきます。

正常眼圧緑内障には体を温めて目の循環をよくする「四物湯」や、全身の於血を改善して血液をサラサラにする「冠元顆粒」が効果的です。

 

緑内障予防に青菜類!?

ほうれん草

ホウレンソウなどの青菜類を毎日食べると緑内障の予防効果がある」という研究結果が発表されました(米医学会誌「JAMA眼科版」(電子版)の2016年1月14日号より)。

なぜ青菜類が緑内障に良いのか?研究によると、緑内障は視神経への血流の流れが悪くなることで発症する病気です。

一酸化窒素は血管の壁を広げる働きがありますが、血流から一酸化窒素が少なくなると緑内障も悪化します。

青菜類は一酸化窒素を生み出す硝酸を多く含むため、目の中の血流が良くなります。ただし、硝酸を摂り過ぎると血管が広がりすぎて血圧が下がるので、めまいや立ちくらみなどの副作用が起きる恐れがあります。

 

ココナッツオイルで緑内障を予防?

ココナッツオイル

緑内障の改善にケトン体が効果があるといわれています。

ケトン体とは体内のブドウ糖が枯渇したときに利用される第二のエネルギー源です。そのケトン体が豊富なのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルに豊富な天然の中鎖脂肪酸が肝臓でケトン体に分解されると認知症予防や老化やしわ、しみなどを予防したりダイエットにも効果があります。また活性酵素を除去する働きもあり生活習慣病の予防にも良いとされます。

では緑内障とケトン体がどう関係があるのか?緑内障の患者さんの7割は眼圧が正常の範囲内です。そこで酸化ストレスによりブドウ糖が使えなくなり緑内障を発症するのでは?というのが「緑内障酸化ストレス仮設」です。

ココナッツオイルから作られるケトン体は抗酸化に働くタンパク質を増やすことで緑内障の酸化ストレスを減らし緑内障の症状を緩和する可能性が高いそうです。

そのケトン体を積極的に摂取する方法がケトン体食事法と呼ばれるものです。

ケトン体食事法とは?

ケトン体食事法とはブドウ糖の摂取を制限して、積極的にケトン体によるエネルギー回路を促進する食事法のことです。

糖質に依存した生活を送ると糖尿病や肥満、高脂血症などの病気のリスクが高まります。しかし、エネルギー源をケトン体にすることで、これらのリスクを減らせます。

ケトン体食事法にしてケトン体のエネルギー回路を稼働させると体は栄養不足の信号を受け取り、長寿遺伝子が活性化して、アンチエイジング効果が得られるそうです。

具体的には1日の糖質の摂取量を80g以下に抑えないとケトン体が働きません。

白米や麺類などの炭水化物、糖質が多く含まれるもの、、化学調味料やファーストフードなどを制限し、ココナッツオイルや野菜、肉、魚、チーズなどのタンパク質を摂取します。※ココナッツオイルは1日大さじ2~3.5杯くらいがいそうです。

たんぽぽ茶が緑内障に効く?

たんぽぽ

たんぽぽ茶に含まれる「たんぽぽT1エキス」はとっても貴重で特殊な成分で、母乳の出を良くしたり不妊治療に役立ったりとホルモン分泌を促してくれます。

また血流改善や利尿作用もあり、体の余分な水分や老廃物を排出させやすくなるので高血圧いも効果があります。

目の血流改善を促し、眼圧を下げるので緑内障への効果が期待できますね

 

 

人気記事ベスト10

Sorry. No data so far.