1. ホーム
  2. ルテインと緑内障
  3. ≫緑内障の症状と治療について

緑内障の症状と治療について


緑内障は、視神経の異常によって引き起こされる病気です。

視神経は目から入った情報を脳に伝える役割をしています。
そこに異常がおき、視野が狭くなってしまうということです。

しかし、視野が狭くなっていく速度は非常にゆっくりで、
ほとんどの人がかなり悪い状態になるまで、気づきません。

怖いですね。

定期健診等の大切さがわかります。

緑内障は早期発見、早期治療が大切です。

一度悪くなった眼は治らないので、発見した時点で対応していくことが大切になります。

基本的に目薬での加療になりますが、それでもよくならない場合、内服薬を使うこともあります。

もっと進行してしまうと、レーザー治療することになったり、手術をする必要もでてきます。

失明する可能性もある緑内障。怖いですね。

緑内障は我が国失明の原因のうち、もっとも高い割合を占めています。

40歳以上の20人に1人が緑内障と言われていて、
同時に、失明の危険性があるということになります。

緑内障は回避方法がない、原因がないとも言われています。
だからこそ早期発見、早期治療が大切になってくるのですね。