1. ホーム
  2. ルテインと緑内障
  3. ≫【緑内障の体験談】緑内障の目薬の副作用って?

【緑内障の体験談】緑内障の目薬の副作用って?


緑内障の目薬の副作用って?

緑内障、古くはアオソコイなどといわれ、シロソコイと言われた白内障とともに目の代表的な病気です。

義兄が緑内障を患っており、通院しながら薬でその進行を抑えているといいます。

それでも、視野が若干欠けているといい失明を気にしているようですが、病院での診察では進行はしていないといいます。

時折、家を訪れているのですが、緑内障専用の目薬をよくさしている姿を見ます。

緑内障の目薬の副作用としては、まつ毛が濃くなったり長くなるなどという事が言われていますが、義兄の目元もその傾向があるようです。

日本の失明の原因のトップとされる病でもあり、視覚動物ともいえる人間にとってはやはり目は大切な器官です。

眼圧が上がり眼球が痛むという人や、知らぬ間に視野が欠けて行き気がつくという人もいるようで、又、日本人の40歳以上の5%、20人に1人の割合であるというほど多い病気でもあります。

早期の発見と治療により、失明のリスクは少なくなっているといいますが、やはり健康診断などでチェックする必要性を感じさせられます。

緑内障の対策について

緑内障には眼圧を下げる作用があるルテインのサプリメントが有効です

詳しくはルテインと緑内障をご覧ください