1. ホーム
  2. ルテインと飛蚊症
  3. ≫【飛蚊症の体験談】飛蚊症になったらすぐに病院へ

【飛蚊症の体験談】飛蚊症になったらすぐに病院へ


この話をざっくり言うと…

ざっくり言うとこんな話です。

いつから? :去年から
今の症状は?:常に蚊のような残像がはっきり見える
病院には? :重度の飛蚊症。放置すると網膜剥離に
どんな対策?:一週間後にレーザー手術。順調に回復中


それでは体験談をお読みください♪

飛蚊症になったらすぐに病院へ

私は去年、飛蚊症になりました。

仕事上パソコンを毎日長時間使用しており、最初は目の疲れかなと思っていました。

しかし時が経つに連れて症状が酷くなり、目の前に常に蚊のような残像がはっきり見えるようになりました。

仕事中パソコンで細かい仕事をしていると、非常にパソコン画面が見づらくなり、仕事に支障がきたすようになり作業効率が落ちました。

そして休日に眼科に行くと重度の飛蚊症と診断され網膜に穴が空いていると診断されました。

さらにこのまま放っておくと網膜剥離になり大変な事になる可能性が高かったと言われゾッとしたのを鮮明に覚えています。

初診から一週間後にレーザー手術をしてもらいましたが、思った以上に時間がかかり辛い思いをしました。

手術代も五万円以上かかり思わぬ出費で貯金を切り崩しました。

もっと早く病院に行って診察を受けていれば、手術せずに済んだと思います。

それからは、定期的に眼科に通うようにしており、今のところ順調に回復しています。

飛蚊症の対策について

飛蚊症にはルテインのサプリメントが有効です

詳しくはルテインと飛蚊症をご覧ください