1. ホーム
  2. ルテインと白内障
  3. ≫【白内障の体験談】まさか40歳過ぎで白内障になるとは

【白内障の体験談】まさか40歳過ぎで白内障になるとは


私は極度のド近眼で、視力も両目とも0.04年しかなく、通常の生活をするのにコンタクトと眼鏡が欠かせません。

そんな私が、白内障の症状が出始めたのは、年齢が40歳を過ぎたころからで、最初は白内障とは全く思っていませんでした。

自分の目が何か変だなと思ったのは、夜の車の運転など以上に疲れると感じ始めたのがきっかけでした。

それから、地下街など少し暗いところなどに掲示されている看板の文字が読みにくいと感じはじめ、点の光源(車のヘッドライトや裸電球など)を見ると、光が放射線状に広がり、まぶしさを感じるようになったのです。

そんな症状と同時に、老眼も出始めました。小さな文字が今までの距離では読めないのです。

40を過ぎて老眼が来たことの方がショックが大きかったので、今から考えると白内障の症状も「これは老眼のせいなんだ」と勝手に思ってしまったのです。

老眼鏡がないと仕事にも少々差し支えることがでてきたので、眼科に行ったところ、「白内障」と診断されたのです。

先生に今までの目の変化を告げると、白内障の手術を受けると、ほぼ症状はなくなると言われました。

今は白内障の手術は日帰りでも可能なので心配しなくてもいいですよと言われ、説明を受けました。

そんなことで、来月白内障の手術を受ける手続きをしてきましたが、今の気持ちはドキドキ半分、ウキウキ半分です。